UAとGA4のユーザー判定方法

UAとGA4でのユーザーの識別方法には違いがあります

ユーザーを一意に識別するためには、それを特定するIDが必要となります。UAとGA4ではそれぞれ3種類のユーザー識別子がありますが、その利用範囲や考え方は違います。

3種類のユーザー識別子

識別子意味UAGA4
CookieIDブラウザのCookieに設定されるID。ブラウザやデバイスが違う場合は別ユーザーとして定義。
ユーザー識別子としての優先度は一番低い
利用される
優先順:2番目
利用される
優先順:3番目
Google シグナルGoogleアカウントにログインしてサイトに訪れた場合に取得されるID。デバイスやブラウザが違っても同じアカウントであれば同じユーザーと認定クロスデバイスレポートとユーザーエクスプローラーでのみ利用される利用される(が、データ量が少ない場合は利用不可)
優先順:2番目
UserID会員IDなどIDをサイト側で取得しGAに設定している場合に利用。デバイスやブラウザが違っても同じアカウントであれば同じユーザーと認定
ユーザー識別子としての優先度は一番高い
利用される(優先順:1番目利用される
優先順:1番目
GAのユーザー識別子

UAではUserIDが取得されると自動でUserIDをユーザーを識別するキーに利用します。取得出来ない場合はCookieIDを利用します。

UAのUserIDが含まれているユーザーエクスプローラーレポート(UserIDを取得している場合、自動的にUser IDに切り替わる)

GA4は選択を行うことが出来ます。設定画面の「レポート識別子」で設定を行ってください。

1)User-ID、Googleシグナル、デバイスの順番で識別
2)デバイスID(ウェブの場合はCookie)でユーザーを識別

となります。

データ量が少ない場合は個人の特定が行いやすくなってしまうため、Google シグナルを選ぶことが出来ません。その場合はUser-IDとデバイスを参照を選びましょう。

データ量が少ない場合は、「User-IDとデバイスを参照」と「デバイス ID のみを参照」が表示されます

参考になりましたか?