イベントの作成

イベントの作成

GA4で取得しているイベントは「設定」メニューの「イベント」で確認をすることが出来ます。

現在取得しているイベント名やイベントパラメータを元に新しいイベントを作成することができます。新しいイベントを作成するシチュエーションとしては

  • コンバージョンとして計測したいイベントを設定する
  • 複数のイベントをORやAND条件で組み合わせて新しいイベントを作成したい
  • 特定の条件がグルーピングしたイベントを作成したい(例:特定ディレクトリを閲覧)

などが考えられます。それではイベントの作成方法を確認していきましょう。

関連公式ヘルプ

イベントの作成方法

1.イベント一覧画面の右上にある「イベントを作成」を選択

2.複数データストリームがある場合は、イベントを作成したいデータストリームを選択

3.作成ボタンを押して、作成画面に移動(すでに作成したイベントの一覧はこの画面で確認できます)

4.イベントの作成画面が表示されるので、条件を指定します。

カスタムイベント名:画面上で表示される名称を入力しましょう

・イベント名で大文字と小文字は区別されます
・スペースは利用することが出来ません。英数字や日本語は利用出来ます
・予約済みのイベント名は利用することが出来ません。また既に取得しているイベントと同じ名称は利用出来ません

一致する条件:条件を設定していきます。イベント名やイベントパラメータ名を条件に指定することが出来ます。複数の条件を設定した場合、すべての条件を満たす必要があります。上記画像の例では、page_viewのイベントに対して、page_locationが/profile/を含むときを条件にしています。この設定で特定のページを閲覧したという設定が可能になります。

page_locationの設定だけでは「閲覧ページ」の特定は出来ません。なぜならpage_locationというイベントパラメータ名は他のイベントでも利用されているからです。page_locationだけを設定すると、スクロール完了や、セッション開始、外部リンククリックなどpage_locationを利用しているすべてのイベントが集計対象となってしまいます。
イベントパラメータを条件に利用する場合は、あわせてイベント名も設定するようにしましょう。

GA4では演算子で正規表現を利用することができません。正規表現を利用したイベントを作成したい場合は、Google Tag Manager側で正規表現を利用して「トリガー」を作成し、GA4のイベントタグを設定する必要があります。その際にはGA4画面側でのイベント作成は必要ありません。

このようにイベントの作成は現在取得しているイベント名とイベントパラメータ名から作成します。現在取得していないイベントを利用したい場合は、まずはカスタムイベントでの実装と計測が必要になります。

ソースイベントからパラメータをコピー:条件として指定したイベント名で自動取得しているパラメータがある場合、こちらにチェックを入れておくと新しいイベントでもそのパラメータを自動で取得することが出来ます。例えばpage_viewのイベントの場合は、page_locationとpage_referrerが取得されていますが、これを新しく作成したイベントでもパラメータとして利用したい場合はチェックを入れておいてください。基本チェックを入れることを推奨します。

パラメータの変更:上記の設定をオンにした時に取得するパラメータの値を別の値に置き換えたい場合に設定をします。page_viewイベントではデフォルトで「page_title」が取得されていますが、それを別のタイトル名に変えたい時に利用します。あまり利用することは無いかと思います。意図的に変えたい時のみに利用しましょう。

「保存」を押すと新しいイベントが登録されます。

イベント作成例

いくつかイベントの作成例を紹介いたします。

特定ページの閲覧

イベント名
event_name:page_view
イベントパラメータ
page_locationでURL条件
あるいは
page_titleでタイトル条件

特定ランディングページの閲覧

イベント名
event_name:session_start
イベントパラメータ
page_locationでURL条件
あるいは
page_titleでタイトル条件
あるいは
page_referrerで流入元のURLを指定

特定ファイルのクリック

イベント名
event_name:file_download
イベントパラメータ
link_urlでURL条件
あるいは
file_nameでファイル名
あるいは
file_extensionで拡張子指定

特定外部リンクのクリック

イベント名
event_name:click
イベントパラメータ
link_urlでURL条件
あるいは
link_doainでドメイン指定

特定金額以上の購入

イベント名
event_name:purchase
イベントパラメータ
vaueで金額指定
あるいは
couponで利用クーポン指定
などpurchaseで取得しているイベントパラメータで条件指定

イベント作成に関する仕様

イベント作成は既存イベントを置き換えるものではなく、新たにイベントを作成します。
作成後、該当イベントが発生しないとイベント一覧ページには出てきません。反映に数日かかる、あるいは件数が少ないと表示されないケースがあります。
・作成したイベントは過去に遡って集計はされず、設定した日以降の集計となります。

参考になりましたか?