データインポート

データインポートを活用すると、GA4のデータに自前のデータを結合して分析する事ができます。成約データや属性情報など付加情報を与える事により、精度が高い分析が行えるようになります。

データのインポート手順

1)「データソースを作成」を押すと詳細画面が出てきます。

2)各項目を入力しましょう。

データソース名:画面上で表示される名称

データの種類:どのようなデータをインポートしたいかを決めます。現在は4種類のデータが選べます。

データの種類名利用用途利用可能な項目
費用データリスティングなど広告の費用データを付与する必須:キャンペーンID(utm_id)、ソース(utm_source)、メディア(utm_medium)、日付(YYYY-MM-DD)
クリック数(clicks)、費用(impression)、インプレッション数(cost)のいずれか

任意:キャンペーン名
詳細及びテンプレート例(公式ヘルプ)
アイテムデータECサイトなどで商品IDに属性情報を付与する必須:商品ID
任意:商品名・カテゴリ1~カテゴリ5・ブランド・パターン
※要eコマース実装
詳細及びテンプレート例(公式ヘルプ)
ユーザーID別のデータ会員IDなどに属性情報を付与する必須:User-ID
任意:GA4で設定済みのユーザープロパティ
※カスタムイベントでのUser-ID取得が必要
詳細及びテンプレート例(公式ヘルプ)
クライアントID別の のデータクライアントID(GA側でCookieに付与されるID)に属性情報を付与する必須:Client-ID 及び ストリームID(データストリーム内で確認可能)
任意:GA4で設定済みのユーザープロパティ
※カスタムイベントでのClient-ID取得が必要
詳細及びテンプレート例(公式ヘルプ)
オフラインイベントデータ「イベント」のデータをアップロードする 例)特定のページを閲覧したことにする など必須:Client-ID 及び 測定ID(プロパティを特定するID。右記の形式 G-XXXXXX) 及び 最低1つのイベント名 任意:設定されているすべてのイベントパラメータ名・ユーザープロパティ・アイテム名など
詳細及びテンプレート例(公式ヘルプ)

3)入力をしたらアップロードを行うためのCSVファイルを作成します。表内にある、各タイプにあったテンプレートを活用してみましょう。

各列には名称をつける必要があります。公式ヘルプにある各テンプレート例の1行目の名称は変更しないようにしましょう。主な列名称と意味は以下の表の通りです。

列名称意味
client_idユーザーを識別するCookieID
measurement_idG-XXXXXX のプロパティを特定するID
event_nameイベント名
timestamp_micorsイベント発生時間(UNIX時間)
user_id会員ID等のユーザー識別子
event_param.<name>イベントのパラメータ名 例)event_param.page_location パラメータ値は各行に記入
user_property.<name>ユーザープロパティ名 例)user_property.login_type プロパティ値は各行に記入
item<x>.<item_param>EC用の商品パラメータ 例)item1.item_name

4)CSVをアップロードを押すとインポートが開始します。

無事にインポートが完了すると完了となり、GAの探索レポート等で内容を確認できます。以下のようなエラーが出る場合は、クリックするとエラーメッセージを確認出来ますので、原因を特定してCSVファイルの再作成などを行いましょう。

データインポートの制限

データインポートには以下の制限があります。

  • インポートできる合計のデータ量:10GB
  • 1回でアップロードできるデータ量:1GB
  • 1日にアップロードできる回数:最大24回
  • 1日にアップロード出来る最大のデータ量:10GB